• ボリビア日本人移住地サンフアン:楽しい食生活

    サンフアンに来て、もうすぐ一年になりますが、食事に困ったことはありません。 私は学校の職員住宅で一人暮らしをしています。ボリビアで家を借りると大抵は、必要最低限の家具家電、調理用具は揃っているそうです(揃っていなければ交 […]

    \IMG_8512\
  • 続・ネパールブログ (1) ネパール地震から1年…その後のネパール Continued Nepal Blog(1) One Year after Nepal Earthquake, Life after the Earthquake

    このように震災からの復興はもとより、国民生活に多大な影響を与えた燃料不足の原因となった国境封鎖は、2016年2月まで続きました。封鎖が解除された直後も、物資の流通はすぐには回復しなかったそうですが、その後はあまり混乱しているような話は聞きません。その後のネパールはどうなっているのか…?8月に自分の目で見て肌で感じて来ようと思います。

    続・ネパールブログ (1) ネパール地震から1年…その後のネパール Continued Nepal Blog(1) One Year after Nepal Earthquake, Life after the Earthquake
  • 我が家のシーミー(清明祭)を紹介

    シーミー(清明祭)は中国伝来の文化です。沖縄では一年に一度の大切な家族行事となっています。最後はお供えしたものを下げるときには「ウサンデーサビラ」と言いますが、ウサンデーしたものを子孫である私たちもみんなで食べます。

    我が家のシーミー(清明祭)を紹介
  • 地元のまち歩きに参加してきました I joined in my local walk tour in Okinawa.

    同じ町でも少し離れると異なる自然や伝統文化があって、小さな集落ごとの雰囲気的な「違い」の背景を感じられました。いろんな環境で育ってきた人々であっても、同じ町の出身として全く同じ歴史を共有している、というわけでは無さそうです。八重瀬町には23の字(あざ)があり地域ごとに異なる多様な伝統芸能があるそうです。これから少しずつ、私も調べたり体験したりしながら紹介していこうと思います。

    地元のまち歩きに参加してきました I joined in my local walk tour in Okinawa.

沖縄の記事を集めました

同じ社会という空間に、共に生きることを指す
「多文化共生」についての探求を試みます!

「言語の多様性」や「言語とアイデンティティ」について考えるためのプラットフォームとしてのウェブサイトを立ち上げました。このウェブサイトは、現在、進行中の研究の一部としてその「成長過程」にあります。2018年3月まで、そのプロセスを楽しみながら、ウェブサイトを見てくださるみなさまと共有したいと思っています。温かい目で見守ってください。