ご参加ありがとうございました。実りのあるシンポジウムとなり、内容については今後、報告書などにまとめていきます。Thank you for your participation.  It has been a fruitful two-day symposium and the contents of the symposium will be summarized as a report soon.
二回連続ミニ・シンポジウム Two day mini Symposium

『多文化共生を再考する――学際的な視点から』
Rethinking ‘Tabunka (multicultural)’ and ‘Kyosei (co-existence)’
—by the interdisciplinary perspectives

日時 : 2014年 9月 7・14日(日)13:00 - 16:30
Date : September 7 and 14, 2014 (Sunday) 13:00 – 16:30
場所: 国際基督教大学 東ヶ崎記念ダイアログハウス 国際会議室
Venue: International Christian University
Togasaki Memorial Dialogue House (International Conference Room)
第一日目: 9月7日(日)Day 1: September 7th (Sunday) 13:00-16:30
「異文化と第二言語を軸に子ども期のアイデンティティを問い直す」
An inquiry into childhood identities from the perspective of intercultural and second language
・箕浦康子(お茶の水女子大学名誉教授)心理学・文化人類学Psychology/Anthropology
Yasuko MINOURA (Ochanomizu University, Professor Emeritus)
・善元幸夫(元新宿区大久保小学校日本語国際学級教員/琉球大学:東京学芸大学他兼任講師)教育実践/日本語教育
Yukio YOSHIMOTO (Veteran teacher of JSL class, ex-Okubo Elementary School teacher, Lecturer at University of Ryukyus, Tokyo Gakugei University and other universities)
第一日目が終わりました。14日はまだ受け付けていますので、希望の方はお申し込みください。
第二日目: 9月14日(日)Day 2: September 14th (Sunday) 13:00-16:30
「歴史と時間を軸に多文化・多言語のあり方を問い直す」
An inquiry into multicultural and multilingual being from the perspective of history and time
・中牧弘允(吹田市立博物館館長、国立民族学博物館名誉教授) 文化人類学 Anthropology
Hirochika NAKAMAKI (Director of Suita City Museum, Osaka and National Museum of Ethnology, Professor Emeritus)
・John. C. Maher (International Christian University, Professor and Director of IERS)
ジョン・C・マーハ(国際基督教大学・教育研究所所長) 言語社会学・言語学 Sociology of Language/ Linguistics
参加費:  無料 Free admission
日英両言語 Presentations in Japanese & English
問い合わせ・申し込み Contact ・Apply:「多文化共生を再考するhttp://multilingually.jp
主催:科研基盤研究(C)「多文化共生を再考する:多言語アイデンティティを肯定できるコミュニティに向けて」(代表:藤田ラウンド幸世) Organized by Grants-in-Aid for Scientific Research between 2012-2014, Project Number 24520586, Project leader Dr. Sachiyo Fujita-Round, Rethinking Multicultural ‘Kyosei’ in Japan—Towards a community which accommodates multilingual identities     後援:国際基督教大学教育研究所 Supported by the ICU Institute for Educational Research and Service (IERS)
講演者使用言語 :  日本語・・・箕浦先生、善元先生、中牧先生 英語・・・マーハ先生(今回は申し訳ありませんが通訳はありません)。Speaker’s choice of language: Japanese・・・Dr. Minoura, Mr. Yoshimoto, Dr. Nakamaki   English・・・Dr. Maher (We apologize in advance that no translation service is available this time.)
*公開研究会形式として、参加者には議論の課題を事前に読んできていただきます。*We would like to have a fruitful discussion after the keynote lecture, therefore, we expect all the participants to read in advance relevant chapter of book or entire book  before attending symposium.
事前に読むことが必須の課題本・論文は、以下です。ICUの学生、関係者は、8月1日から国際基督教大学図書館のリザーブ図書として貸出せますので、ご利用ください。The required pre-reading books and  papers are down below.  For ICU students or staffs, they will be available as reserved books at ICU library from 1st Aug, please check out.
9月7日①【研究者用:理論の流れなど勉強になることがたくさんありますが、研究者ではない方にとってはちょっとハードルの高い本です。】箕浦康子(増補改訂版、2003)『子供の異文化体験−人格形成過程の心理人類学的研究』 新思索社の付論、293-332頁、【一般の方向け】現在、準備しています。箕浦先生が書かれた帰国生の子どもたちの事例をいくつか集め、PDFで載せる予定です。お楽しみに。当時資料として、印刷物をお渡ししました。【英語が読める方】下の英文で書かれたところに、箕浦先生の英語論文のPDFリンクを張ってありますので、ご確認ください。②【絵本なのでこれはすべての方が読めます。研究者の方は箕浦先生の論文とこれがどのように繋がるかを考えてきて下さい】善元幸夫(2014)『ぼく、いいものいっぱい』子どもの未来社
For 7th Sep, 1)【written in J】 Yasuko Minoura (2003) Kodomo no Ibunka taiken, Tokyo: Shinshisakusha, 293-332. 【written in E】2)Minoura, Y.(1992) A sensitive periof for the incoorporation of a  cultural meaning system: a study of Japanese children growing up in the United States, in ETHOS.  箕浦:A sensitive period 【written in J】Yukio Yoshimono (2014) Boku, Iimono ippai, Tokyo: Kodomo no Miraisha.  This is written in Japanese, but a form of picture book, full of pictures and easy to understand.
9月14日(日)③中牧弘允(2008)『カレンダーから世界を見る』白水社、④John C. Maher(2005)Metroethnicity and the Principle of Cool, Int’l. J. Soc. Lang. 175/176 (2005), pp. 83–102
For 14th Sep, 3) Hirochika Nakamaki (2008) Karenda kara Sekai wo miru, Tokyo: Hakusuisha.  This book contains many pictures and diagram in relation to calendar, it is easy to read though it is written in Japanese,  4) John C. Maher(2005) Metroethnicity and the Principle of Cool, Int’l. J. Soc. Lang. 175/176 (2005), pp. 83–102  Down load from Dr. Maher’s website  http://johncmaher.weebly.com/recent-papers.html
**本シンポジウムの内容は、後日、ウェブサイトに動画として挙げる予定です。We intend to record all keynote lectures and show them on the website  later.
ミニシンポジウムのポスターPDF Symposium poster
下記フォームから申込ください。ミニシンポジウムでお目にかかれることを楽しみにしています。Please fill in a form below to attend our mini symposium.  We look forward to seeing you there.