さえ 石川

1 Comment

  1. 平川フシュカ 聖子
    2014/07/28 @ 5:09 PM

    Esmeraldaさん、興味深く読ませていただきました。
    私は日本人の両親の元、日本で育ちましたが、ドイツ人と結婚し、娘が3人おります。長女が4歳、3女が生後4ヶ月の時にロシアの田舎へ引越し、2年間住みました。そこで出会った日本語を勉強しているロシア人の学生さんの中に、外見は「アジア人」の女の子が居ました。ロシアは広い国境線の中に中国と接する所があったり、ベトナムや北朝鮮との繋がりも強かったのでしょうね。外見からはロシア人とは想像し難い人々に何度か出会いました。

    それを言うと、うちの子供達も少し変わっているのでしょう。
    今イギリスに住み始めて2年になりますが、9月から4年生になる長女と2年生になる次女、1年生になる3女とも、英語が一番楽に使えるようです。上の二人は土曜日に日本人補習校へ通って居るので、何とか日本語を使えますが、3女は中々日本語が出て来ません。父親はドイツ語で子供達に話しかけますが、長女以外は英語で返答しています。

    親としては何とか子供達に日本語とドイツ語を使える様になってもらいたいと模索中です。子供達は「アジア人」の外見を持ってアジアの外で暮らして行くことになると思うので、大多数の人々と違う事でくじけずに大きくなれる様に、強い心を養ってあげたいと思います。又、強い心の基盤となる言語能力を高める手助けをして行きたいと思います。

    これからもEsmeraldaさんからの投稿を楽しみにしていますね。

    Reply

あなたの意見を聞かせてください